森の子保育園わらべうた

森の子保育園さんでは、地域の(保育園に行っていない)親子さん対象でわらべうたを担当させていただいています。

今日はホールではなくて「秘密のお部屋」でわらべうた。「秘密のお部屋」とは・・・秘密だから言えませんが(笑)すてきなお部屋があるんです。

今日は、実習生さんもお二人参加してくれました。
e0078404_22182581.jpg
今日歌ったわらべうた:
  ずくぼんじょ、おにさのるすに、トウキョウト、いっぽんばし
  三月三日のもちつき、てんやのおもち、おつきさまえらいの


子守りうたを歌いはじめると、お子さんたちはお母さんのおひざにもたれたりアクビをしたり動きもとまって落ち着きます。小さな赤ちゃんでも、ちゃんと声の調子や歌のふんいきを感じているし、そのときのお母さんの状態までも感じています。

以前にもわらべうたに来てくれたK子ちゃんは、自分で「おつきさまえらいの」をくちずさんでいました。聞けば「こりゃどこのじぞうさん」もおうちで歌っているそうです。ことばを話すのと同じように、自然に声を出して歌っている姿は神々しいほどです。お母さんといっしょにわらべうたを楽しんで育っていく子たち。心の中に豊かなものをたくさん蓄えて、しっかりとした根っこを張って大きくなってほしいと願います。


来年度も、地域向けのわらべうたを担当させていただくことになりました。
初回(次回)は5月になりますが、またみなさんお越しくださいね。



[PR]
by chieda919 | 2017-02-23 23:21 | わらべうた | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://chieda919.exblog.jp/tb/25422248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋の相談 つちのこや おやこびより わらべうた >>