カテゴリ:CDについて( 39 )

CDについて

CDのご購入については、ライブ会場やワークショップの際にお声がけください。

遠方のかたには、郵送もしております。ご住所・お名前・CD名と枚数をお知らせください。ご注文のCDと一緒に振込用紙を同封して送らせていただきますので、郵便局よりお支払いください。恐れ入りますが、振込手数料と送料をご負担ください。


CD「うた・おと・ひと」(平成24年3月制作)¥1000- 
  収録曲:遊びに来たの、羽衣の子もりうた、波波我んわちゃくり
      南のほうのうた(ちゃわんむしのうた+でんでらりゅうば)
      ほたるのクオドリベ(ほたるこい+じんじん+ほたろほたろ)
      ぎっちゃんこ、たけのこめだした、おんきょうきょうばし
      かえるぴょこぴょこ+きゃあろの目玉に+いなかのおじさん
      かごめかごめ、富貴万福末繁盛、おつきさまえらいの
      ねんねんねやまの
e0078404_12465570.jpg
             制作:RIKI-TRIBAL


CDブック「みんなで歌おう
坂野知恵のWarabe-uta Party」

(平成25年11月制作)¥1500-  残り僅かとなりました
  収録曲:こんこんちきちき、なかなかほい、てんやのおもち、いちでらんらん
      ついだついだ、波波我んわちゃくり、とんぼとんぼ
      かえるぴょこぴょこ+きゃあろの目玉に+いなかのおじさん
      ひとつひよこが、どんぐりころちゃん、ゆきやこんこん
      おつきさまえらいの、Warabe-uta Partyのうた
e0078404_12474918.jpg
            制作:Team Warabe-uta Party


CD「うた・おと・ひとⅡ~長野編~」
(平成27年9月制作)¥1000-
  収録曲:はっこはっこ、せったせえば、さるのこしかけ、ちょーちちょーち
      べろべろかめろ、もぐらどん、ぼんぼん、おんたんたきみつ
      とんぼ+とんび、ぽったんぽったん、どんぶかっか
      ねんねんねむのはっぱ、のりつけほほん、ねんねんねやまの
      みみつみはっつみ、おひざのうえで
e0078404_12483923.jpg
             制作:RIKI-TRIBAL


CD「うた・おと・ひとⅢ
   眠れぬ夜のわらべうた」
   
(平成28年7月発売)¥1500-        
  収録曲:ひとりでさびし、このこのねたまの、あんたがたどこさ
      ひばりひばり/ピーチクチャー、数え歌メドレー
      ねんねこお山のうさぎの子、しゃんしゃんしゃん、いちりこにりこ
      いもむしごろごろ、通りゃんせ、米という字を、ベンケイガ
      とでさん、お月さんお月さん、でんでらりゅうば/でるやでるでる
      ゆきやこんこん、赤い山青い山白い山、いつかくるそのときに
      ボッサ・ミニュイ
e0078404_21504344.jpg
           制作: RIKI-TRIBAL
[PR]
by chieda919 | 2017-02-08 18:03 | CDについて | Trackback | Comments(0)

CD「うた-おと-ひとⅢ~眠れぬ夜のわらべうた」曲&楽器紹介⑨

 新しいCDに収録されている曲と楽器をご紹介するシリーズ、その⑨

「いもむしごろごろ」


昨年の今ごろ、このわらべうたの存在を思い出しました
そういえば子どものころから歌ってたな…

祖母の家に行ったとき、従妹たちと一緒に寝るのがうれしくて
布団の上でごろごろころがりながら遊んで
予想通り大人たちに「早く寝なさい」とおこられて(笑)

子どもどうしで、しゃがんだままつながって歌いながら前進
今ならちょっとやっただけで息切れするけど
そのころはどのくらい続けていたんだろうか

自分の子どもが生まれて、寝返りできるようになったのがうれしくて
🎵いもむしごーろごろ🎵と歌いながら、ひっくり返るのを手伝ってました(笑)


そんな身近な歌だったのに
昭和の後半には歌われなくなってしまったようです
(それは、私たち世代がそのあと歌わなくなったたからです)

こんなにシンプルでおもしろいわらべうた
復活してもいいんじゃない?と思って
おもに大人たちとのわらべうたで遊んでみるようになりました
(みんなで息を切らしながらも大笑い!)
そして「しゃがむ」という動作の大切さも感じたのでした


CDをよーく聴いていただくと、いもむしがゆっくりと
移動していくのを感じていただけます
(その場合は、ヘッドホンがおすすめ)

e0078404_18115599.jpg
e0078404_18215038.jpg
e0078404_18120974.jpg



CDについての詳細・ご購入方法は、こちらをご覧ください




[PR]
by chieda919 | 2016-11-30 18:24 | CDについて | Trackback | Comments(0)

CD「うた・おと・ひとⅢ~眠れぬ夜のわらべうた」曲&楽器紹介⑧


[PR]
by chieda919 | 2016-11-01 18:00 | CDについて | Trackback | Comments(0)

CD「うた・おと・ひとⅢ~眠れぬ夜のわらべうた」曲&楽器紹介⑦

   完成した新しいCDの中の、曲と楽器をご紹介するシリーズ、その⑦

            「しゃんしゃんしゃん」

これは私が小さかったころ、母が私をあやすときに歌っていたものです。歌うというよりも、唱えるに近いです。手を持って一緒に手拍子したり、ときには足を持って足拍子(?)しながら遊びました。そんなことあったな~と、去年あたりにふと思い出したのです。

それで、母に尋ねてみました。

   「しゃんしゃんしゃんって、遊んだよね?」

   「そうだっけ???ん~そんなことして遊んだっけねぇ。」

   「それで最後は、『こんにちはー』だったよね?」

   「もう忘れちゃったよ-。」

その後、母から電話がかかってきました。

   「思い出した!最後は『だんなさまー』って言ってた!!」


そんなふうに記憶をたどり、私の懐かしいうたとしてCDに入れてみたくなりました。調べてみると、確かに「しゃんしゃん・・・」というわらべうたはあるようで、最後も「こんにちは」「だんなさま」「へいたいさん」などいろいろのようです。それ以上詳しいことはよくわかりませんが、いずれにしても小さな子をあやすうただったんだろうと思います。

はて、母は誰に教えてもらったんだろう? やはり祖母だろうか。曾祖母だろうか。それとも近所のおばさんやおねえさんだったんだろうか。

記録もないのでどこでどうつながってきたのかわかりませんが、わからないのにつながってきたというところが、わらべうたの底力みたいなもんかなと感心しています。

e0078404_1151187.jpg
           ちいさかった知恵ちゃん(3才のころ)
       母が抱いているのが生まれてまもない弟、後ろは祖母
     (なんとこのときの祖母の年齢は、今の私より若い…(゜◇゜))



     CDについての詳細・ご購入についてはこちらをご覧ください

[PR]
by chieda919 | 2016-08-17 23:56 | CDについて | Trackback | Comments(0)

CD「うた-おと-ひとⅢ~眠れぬ夜のわらべうた」曲&楽器紹介⑥

    完成した新しいCDの中の、曲と楽器をご紹介するシリーズ、その⑥

           「ねんねこお山のうさぎの子」

香川の子もりうただそうです。この歌は一番と二番でメロディーがちがいます。
最初は覚えにくいけれど、馴染んでくると同じメロディーラインでは歌えません。

似たような歌が、ほかにもたくさんあるようです。違うメロディーのものや、メロディーはなくて唱えるだけのものもあります。どちらにしても、おはなしを聞いているような心地よさがあります。

「どうしてうさぎさんのお耳はながいのかな?おめめはどうして赤いのかな?」と問いかけてから歌い始めると、小さな子たちは一生懸命に耳を傾けて聴いていて、そのうちにお母さんのひざのうえに身を傾けて眠ってしまったりします。おはなしを語ることも、子もりうたを歌うことも、同じように気持ちがいいんだろうなと思います。

この歌には、あえて楽器は入れていません。最後の「ねんねこせ…」は、そのときの気分で好きなだけ繰り返すことにしています。だんだんと眠りの世界へ入っていけるように、少しずつゆっくり、少しずつ小さく・・・(そして私も眠くなります、笑)
e0078404_1824737.jpg
        CDのジャケットにも、うさぎが描かれています


     CDについての詳細・ご購入についてはこちらをご覧ください
[PR]
by chieda919 | 2016-08-16 18:30 | CDについて | Trackback | Comments(0)

販売中

e0078404_23482681.jpg

きのうCDをお買い上げくださったみなさま、聴いてみてくださったかな・・・♪
「ぜんぶ聴いたら感想を言おうと思っているのに、なかなか最後まで聴けない」というかたもいるかしら?(笑)

よく眠れるCDなので、寝たいときには最適。車の運転中や勉強中はご注意を!
(^0^;)

今回のCDは、特におとなのかたにも聴いていただきたいです。
帰省のお供にも、敬老の日のプレゼントにもいかがでしょう。(o^-')b

CDご入り用のかたは、わらべうたの時間やライブのときにお声がけください。
郵送もいたしますので、お気軽にご連絡ください。一枚¥1500-です。

   warabeutanojikan★gmail.com(坂野知恵)までどうぞ♫
[PR]
by chieda919 | 2016-07-31 23:47 | CDについて | Trackback | Comments(0)

CD生産中

長野から東京にもどりまして、本日はCDをせっせと作っております。
明日(30日)のライブで、発売開始です!
e0078404_1850113.jpg

[PR]
by chieda919 | 2016-07-29 23:48 | CDについて | Trackback | Comments(0)

CD「うた・おと・ひとⅢ~眠れぬ夜のわらべうた」曲&楽器紹介⑤

   現在制作中の新しいCDの中の、曲と楽器をご紹介するシリーズ、その⑤

             「数えうたメドレー」

e0078404_21503491.jpg
わらべうたの中には、数えうたがいっぱいあります。その中から、

  「いちじくにんじん」・・・私が子どものころ歌っていたもの
  「いちじくにんじん」・・・当時葛飾に住んでいたかたに教わった
               葛飾の数えうた
  「いちばんはじめは」・・・子どもが通っていた幼稚園の園長先生に教えて
               いただいたもの
  「いちかけにかけて」・・・大人になってから(たぶん?)母に教わった歌

この四つを並べてメドレーにしてみました。お手玉の音に合わせて歌っていますが、お手玉担当は私ではなくて、いぶきです。私が「歌いながらは無理」と言って、いぶきにお願いしたんですけど(笑)ワンテイクでみごとクリア!いぶきがんばりました!

「いちじくにんじん」は、歌う人によって少しずつ歌詞が違っているのがおもしろいところ。二つ目の「いちじくにんじん」は、謎の一拍があって、そこがツボ。三つ目の「いちばんはじめは」と「いちかけにかけて」は、私より上の年代のかたにはおそらく馴染みのある歌ではないかと思います。これもまた、歌う人や地域によって歌詞も変化しますが、歌の流れとしてはほとんど同じ。

ほかのわらべうたもそうですが、私が歌っているのは一例にすぎません。違うところもおもしろい、どれもまちがいじゃない。ひとつのわらべうたが切り口になって話に花が咲くことも珍しくありません。

今の子どもたちは、大人になったとき、どんな歌を懐かしく思うのでしょう。
そしてまたその子どもたちに、どんな歌を伝えていくのでしょう。

その前に、子どもたちは今、どんな歌を耳にしているのでしょう。


   「うた・おと・ひとⅢ~眠れぬ夜のわらべうた」7月下旬に完成予定です。

     CDについての詳細・ご購入についてはこちらをご覧ください
[PR]
by chieda919 | 2016-07-19 14:13 | CDについて | Trackback | Comments(0)

CD「うた・おと・ひとⅢ~眠れぬ夜のわらべうた」曲&楽器紹介④

   現在制作中の新しいCDの中の、曲と楽器をご紹介するシリーズ、その④

          「ひばりひばり/ピーチクチャー」

e0078404_1036853.jpg

ひばりの姿と鳴き声をハッキリと認識したのは、昨年3月に福岡へ行ったときのことです。目の前に広がる菜の花畑。その中からすぅっと真上に向かって飛んでいく鳥。なにやらクチュクチュと鳴いているのですがその声も姿もだんだん小さくなっていく。どこまで上っていくんだろう?姿は見えなくなっても、声はかすかにまだ聞こえている。一面の黄色と、ひばりの声。

この体験があって、ひばりのわらべうたがいっそう楽しくなりました。

         ひばり ひばり 
         おまえのうっちゃー どこぞ
         あの山越えて この谷越えて
         ここじゃ ここじゃ

ひばりの早口言葉も、「ほんとうにそんな感じで鳴いてた!」と実感できました。

 ピーチクチャー ピーチクチャー チーチャーホーチャー ビンズルヨウニ
 ツーテンカラ ナニヺモッテ オモシロ ヤレコノ ズンズルベッコ
 サンノケッケ トイマンシュルベ シュクシュクションベン パーイロパーイロ
 ジンタンノ

この早口言葉は、ひと息で言わなくてはいけません。途中で息継ぎ無しです。
CDの中では、ひと息で3回続けて言っています。
みなさんもチャレンジしてみてください!
長崎の山田ゆかり先生のブログで知った、島原のわらべうたです。

       わらべうたとゆかいな日々 ピーチクチャー 
       わらべうたとゆかいな日々 ピーチクチャー(2)


わらべうたで知ってから実物を見るか、実物を知ってからわらべうたを歌うか、順番はいろいろですが、やはり暮らしや体験と歌が結びついたときには心が躍ります。その感覚を、わらべうたうたいは大切にしていきたいと思います。いくつになってもね。

e0078404_1105033.jpg


   「うた・おと・ひとⅢ~眠れぬ夜のわらべうた」7月下旬に完成予定です。

     CDについての詳細・ご購入についてはこちらをご覧ください
[PR]
by chieda919 | 2016-07-18 11:07 | CDについて | Trackback | Comments(2)

CD「うた-おと-ひとⅢ~眠れぬ夜のわらべうた」曲&楽器紹介③

   現在制作中の新しいCDの中の、曲と楽器をご紹介するシリーズ、その③

            「あんたがたどこさ」
           (インストゥルメンタル)

昨年、長野の小とりの宿に泊まったときのこと。朝、おぼろな意識の中に聞こえてきたトントントンという包丁の音と共に、じゅぅっと焼ける卵焼きのにおい。あぁ、私の朝ごはんを作ってくれている・・・なんて幸せな朝なんだ。子どものころの朝は、ごはんを炊く文化鍋のカタカタいう音と「ちえー、はやくおきなさーい!」という母の声で起きていました。あのなんともいえない時間。私は幸せだったんだな~と(当時はそれがあたりまえのことだったけれど)今はしみじみ思えます。

そんなことがあって、今年になってからまめカフェのドアを開けたときに、やはり野菜を刻むトントントンというリズミカルな音が。あ、ここにもしあわせな音がある♪ すぐにその場でまめカフェさんに「次に来たときに音を録らせて!」とお願いしました。でもその時点ではまだ、この音をどう使うかまでは思いついていませんでした。

この音を活かすために、歌(声)は入れないことにしました。やはり弾むような曲がいいな。包丁とまな板とくれば、台所道具。お鍋叩いてみました。ビンも叩いてみました。「あんたがたどこさ」なら誰でもメロディーを聴けばわかるな~。土鍋でごはん炊いてる音もいいね。フライパンで野菜炒めてる音も入れちゃうか。締めはやはり「締める音」でしょう。そんな風にイメージがふくらんでいったのです。

どんな仕上がりになったかは、聴いてのお楽しみです。

e0078404_063718.jpg
ちなみに、前半の包丁の音がまめカフェさんで、後半のややおぼつかない感じでリズムを刻んでいるのはワタクシです。(^^;


   「うた・おと・ひとⅢ~眠れぬ夜のわらべうた」7月下旬に完成予定です。

     CDについての詳細・ご購入についてはこちらをご覧ください
[PR]
by chieda919 | 2016-07-18 00:17 | CDについて | Trackback | Comments(0)